日本刀とソードの知名度の比較

Uncategorized

日本刀とソードの知名度の比較

投稿日:

日本刀とソードの知名度に関しては両者の単純比較が難しいのですが、以前はソード、最近は日本刀が優位なこともあると言えるでしょうか。

とにかく西洋文化自体が世界を席巻している以上、ソードに纏わる伝説や神話が有名であることから、世界中の人がソードの存在を知っています。

そうした状況に鑑みれば、日本刀はやはり極東の一国の文化に過ぎません。

しかし開国から数百年が経過した現在では、ジャパニーズソードとして西洋でも人気を博しており、その性能と神秘的な外観がコレクターを虜にしています。

例えばタランティーノ監督の映画作品「Kill Bill」では、日本刀の魅力が至る所に散りばめられています。ヒロインは沖縄にまで足を運び、刀匠として知られた服部半蔵に面会して製造を依頼しています。そこで完成した日本刀が恐ろしいほどの切れ味を誇り、正しく神秘的な力を発揮したことには、タランティーノを含めた西洋人の、日本刀に対する畏敬の念が詰めこまれています。

 

日本刀はその美しさから、西アジアのダマスカス刀、東南アジアのクリスと並び立つ、世界三大名剣の一つに数え挙げられることもあります。

しかし日本刀の歴史を繙くと、その淵源は中国や朝鮮半島から学んだ技術であり、日本刀として独自の発展を築いた契機を的確に剔出することは容易でありません。東アジアに限っても、そこに鉄刀の東漸と回流が認められるのであり、さらにその文化交流も残酷な戦争を介したものであったことが指摘されています。

日本刀の鑑賞を勧めるのはもちろんですが、近隣諸国から来日してきた宝刀にも注目し、できる限り手に取ってみましょう。それぞれの刀剣の放つ光が複雑に交絡していることに気付くはずです。

-Uncategorized

Copyright© 【東京都内に実店舗あり】人気の日本刀&刀剣買取業者まとめ , 2023 All Rights Reserved.