骨董品の真贋

Uncategorized

骨董品の真贋

更新日:

 

骨董品の相場は古さ、希少性、保存状態に加え、製作者が誰であるのか等も影響を与え、決定されます。

そのため既に高く評価されている製作者、作家、アーティストの作品は高騰することもあり、市場取引においては骨董品の真贋が重要な判断基準となっています。また真贋とも関連するのですが、当該骨董品の来歴も市場価格を左右します。その骨董品がこれまでどこの誰に所有されていたのか、管理されていたのかは、新しい所有者にとって大切な情報であることは想像に難くありません。

何故なら万一持ち主不明の期間が存在すれば、真贋に疑いが生じてしまうからです。

持ち主が不明の期間に盗まれるなどした場合、偽物とすり替えられた可能性は否定できません。

 

このような骨董品を巡る真贋の問題は深刻で、素人が簡単に見分けることなどできないことから、詐欺に手を染める骨董屋も後を絶ちません。

ですから鑑識眼のない素人は日頃から購入予定の品に関してよく勉強し、少しでも本物の特徴を感得することが何よりも大切です。また刻々と変動する相場についても油断することなく情報収集することをお勧めします。

およその相場を理解していれば、相場からあまりにもかけ離れた価格の品には手を出そうと思わないはずです。その点で「掘り出し物」と呼ばれるものが本物である可能性は相当低いのだと言えましょう。

 

真贋の問題が深刻であるのは買い手に限ったものでなく、売り手である骨董屋、すなわちプロの鑑識眼についても言えることです。

確かに素人に比べればプロの鑑識眼は確かなのですが、優れた贋作が舞い込んだ時、骨董屋も気付かずに販売してしまうことがあるのです。

-Uncategorized

Copyright© 【東京都内に実店舗あり】人気の日本刀&刀剣買取業者まとめ , 2023 All Rights Reserved.